10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 ← よろしくお願いします

 ↓ ↓ 拍手とってもうれしいです♪   

三回忌

街路樹も秋の色に変わり、落ち葉が歩道を覆い隠そうとしています。


今日は三回忌です。

亡くなってから二年後の命日です。

実は今まで三回忌は三年目だと思っていました。40年以上生きてきて知りませんでした。(お恥ずかしい・・・)



もうあれから2年が経ちました。



朝、仕事に行く時いつも玄関の風除室まで妻と一緒に出てきて見送ってくれました。

私の車が出発し視界から消える前に、サッときびすを返し家の中に入ります。まるで自分の役目は終わったかの様に・・・
それを見ていつも私たちは笑っていました。

その後、彼は何時ものように私を見送り、後から家に入ってきた妻にご飯をねだり、食後は妻が仕事に行くまでの間、朝日のあたるソファーに埋もれ幸せを満喫していました。

妻が仕事に行くときは一緒に外に出て、誰かが帰ってくるまで別荘ですごします。



2年前のあの日もいつもと変わらず私を見送り、そして妻を見送りました。何も変わらない日常でした。

まさかそれが最期になるとは・・・・

その日の仕事も終わりに近づいた頃、あまり仕事中に電話をかけてこない妻から着信があり、電話に出ると今まで聞いたことの無い妻の泣き叫ぶ声で彼の死を知りました。



彼は7歳で星になりました。

Mix(雑種)の雄で体重20kg超の中型犬です。

5歳頃にてんかんを発症し月1ぐらいのペースで発作を起こしていました。

獣医からはてんかんの症状には個体差があるが、発作の時の心臓の負担が大きいので寿命は長くないかもしれないし、発作時に倒れ打ち所が悪く亡くなる子もいる、と聞いていました。

実際の彼の死因は心臓発作でした。

妻が帰ってきた時にはもうすでに息が無く、すぐ病院に連れて行ったけれどもうダメでした。

仕事帰りに買い物をしなければ間に合ったかもしれない、と今でも自分を責めています。

まだ、体は温かかったそうです。



彼は誰にも看取られず独りで逝ってしましました。



私が家に着いた時もまだ彼のからだは温かく、まるで生きているようでした。

感情の乏しい私の中から、今まで感じたことの無い強く悲しい気持ちが私を包み、今もその悲しみの中にいます。



人間関係の築けない私は彼に依存していたので、その私の気持ちが重すぎて彼への負担になっていたのだと考えています。

実際に私が長期出張から帰ってくる前日に、発作が起きるという事が2回ほどありました。

あのやさしい心で私の思いを一生懸命に受け止めようとしていたのだと思います。

悔やんでも悔やみきれません。



あれから2年が経ちますが私たちはまだ立ち直れていません。

頭ではもう星になって私たちを見守っててね、と思っていても逢いたくてどうしようもなるときがあります。

最近では夢にもでてきてくれません。



もう一度 逢いたい

もう一度 触りたい

もう一度 抱きしめたい

もう一度 散歩に行きたい

もう一度 一緒に公園に行きたい

もう一度 顔が痛くなるまで舐められたい

もう一度 足の豆の匂いを嗅ぎたい

もう一度 一緒に寝たい

もう一度 起こされたい

もう一度 アイスをおねだりして欲しい

もう一度 雪で遊びたい

もう一度 ソファーを奪い合いたい

もう一度 叱って欲しい

もう一度 笑って欲しい

もう一度 



今日はは大好きだったけど病気になってから食べれなかったかぼちゃやサツマイモ、そしてアイスクリームなどを用意しました。

思わずでてきてくれないかなぁ・・・・



「今度会うまでに君の負担にならないようにもう少し成長するから、だから、必ずその時が来たら必ず迎えに来てね。そして同じ星になって永遠に一緒になりたいな。君が嫌でなければね。」


スポンサーサイト




 ← よろしくお願いします

 ↓ ↓ 拍手とってもうれしいです♪   

おまつんさんへ

「回忌」って数え年で数えますものね。
私も実母が車に跳ねられて即死したときは、死に目にも会えず数年は、おまつんさんのように「もう一度、もう一度」したかった。。。とか、
「生んでくれて有難う」と言えなかったことをずっと後悔していたので、
おまつんさんの気持ちわかります。家族同様かそれ以上の存在だったのですね。天国できっとおまつんさんを見守りながら穏やかに暮らしていると思います・・・。

優しいなぁ・・・

おまつんさん、こんばんは。
優しいなぁ〜〜〜・・・
家族同様のワンちゃんだったのですね・・・
7歳は、ちょっと早いですね・・・
持病があったから、しょうがないのかな・・・
私も、三回忌って、三年目だと思ってました。
実際にそういうことが無いと、分からないものですね・・・
おまつんさんが、そうやって思い出してあげれば、ワンちゃんも、それに応えてくれてると思います、天国で・・・
優しくしてくれてありがとう、って、思ってますよ、きっと・・・

Re: おまつんさんへ

Sarayoさま
私よりもとても辛い経験をされていたんですね。
思い出させてしまって申し訳ありませんでした。
私にとっては血のつながった家族以上の存在でした。
結局夢にもでてきてくれませんでしたが、おっしゃる通りお空で穏やかに暮らしていると思います。
いつも心温まるコメントありがとうございます。




> 「回忌」って数え年で数えますものね。
> 私も実母が車に跳ねられて即死したときは、死に目にも会えず数年は、おまつんさんのように「もう一度、もう一度」したかった。。。とか、
> 「生んでくれて有難う」と言えなかったことをずっと後悔していたので、
> おまつんさんの気持ちわかります。家族同様かそれ以上の存在だったのですね。天国できっとおまつんさんを見守りながら穏やかに暮らしていると思います・・・。

Re: 優しいなぁ・・・

マリンさま
いつもありがとうございます。
本当に家族でした。
家族として付き合ったから彼もそれに答えようとしたんだと思います。
どうしてもペットと割りきれなくて・・・
飼い主失格です。
温かいコメントありがとうございました。
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。