10
1
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
17
18
19
20
21
23
25
26
28
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 ← よろしくお願いします

 ↓ ↓ 拍手とってもうれしいです♪   

難関突破!

こんにちは。


先週話していた苦痛な食事会を断る事が出来ました。

今週中と言うだけで日時が未確定だったので、月曜日から体調を崩したアピールをしていました。

それでもあの手この手で誘ってくるので、出来るだけ顔を合わさないようにしていました。(演技が下手なので・・・)

日時が決まった時も 「いっぱい栄養つければ治る」 とか何とか口説かれましたが、なんとか断ることに成功しました。

切り抜けることは出来ましたがまだ体調の悪いフリをしなければならないので気が抜けません。

別にたいした事でもないのに色々と考えてしまいます。



今週末は3連休ですが土曜日に本社に行かなければなりません。

軽自動車で片道4時間の帰りは夜の峠越えです。

面倒くさいなぁ・・・





 ← よろしくお願いします

 ↓ ↓ 拍手とってもうれしいです♪   
スポンサーサイト

人それぞれ・・・

こんにちは。

今朝は晴れ間が出ていたのに、昼前から厚くて黒い雲に覆われて昼なのにもう夕方5時位の暗さです。
気分も曇ってきたので、今ふと思ったことを書きます。




私は私のこの生き辛い人生を、育った環境や境遇のせいにして生きています。

でも、同じ条件や環境で育っても強くなれる者もいれば、逆にダメになってしまう者もいます。

私なんかよりもっともっと苦労をした人でも、前向きに幸せに生きている人はたくさんいるでしょう。

理想と思われる環境の中にいたとしても、この世の中全員が幸せになることなんてないでしょう。

結局自分の持って生まれたものがそう言う結果を生み出すのだと思っています。自分次第なんだと・・・

頭ではそう理解していますが、自分以外の事に責任を押し付けなければ生きてはいけません。

今まで幾度となく過去の事は忘れようと、また受け入れようと、これからは過去にとらわれず前を向こうと試みましたが結局うまくいかず、その原因を環境や境遇に押し付けてしまいました。

更にはアダルトチルドレンやアスペルガーなど、自分で勝手に当てはめ生き辛い理由にしています。

本当はそれらが原因なのかもしれませんが、はっきりさせる努力もしていませんし勇気もありません。

自ら死を選ばない限り生き続けなければなりません。

これからも私は少しでも楽に生きる為、そうやって責任を押し付けて生きて行くのでしょう。



心を穏やかに保つのってとっても難しいです。





とか言いながら、今晩何を食べようかも考えています。



そして、今日は雨が降っているので歩きません・・・






 ← よろしくお願いします

 ↓ ↓ 拍手とってもうれしいです♪   

妻への感謝をしてみる

こんにちは


あと数時間で我が家に帰れます。

私は自分の家が一番好きです。

毎週妻と数回の言い争いを繰り広げることにはなるのですが、そこには確かに私の居場所があります。

何が何でも我が家が一番です。

そんな事は誰でも当たり前なことですが、そんな環境で育たなかった私にはとても重要なことです。





私は多分普通の家庭に産まれました。

そして5歳の時、父親が病気で亡くなりました。死ぬような病名ではありませんが、発見が遅かったそうです。

小学校1年の3学期に同じ市内の別の小学校に転校しました。母親の再婚相手の実家に引っ越したためです。

小学校3年の2学期にまた同じ市内の別の小学校に転校しました。新しい家を購入したためです。

高校3年の冬が始まる頃、同じ市内の借家に引っ越しました。母親が離婚しました。


その10数年の間母親の再婚相手によって、身体的・精神的な暴力に支配されていました。

常に大人の顔色を伺い、自分の気配を殺し、いつどこで怒りの矛先が自分に向いてくるのか分からずビクビクしながら神経を張りつめて生きていました。

唯一安全な外に出ても帰宅が遅いと怒られ、早く帰宅してもいつ怒られるかと緊張し、何かをしても何かをしなくても怒られ、以前褒められたからと同じことをしても怒られ・・・

小1からこれやられたら、高校生になっても反抗する事なんてできなくなります。

最近ではリサイクルショップでの殺人事件が記憶にありますが、暴力で支配されると抵抗も逃げる事もできなくなるのです。これって、宗教がらみの事件とかでたまに聞く洗脳とかのたぐいだと思います。

高校を卒業し家を出て、暴力の支配から逃れ、やっと自由になれると思ってました。でも今度は生き方がわからないのです。

人一倍頑張っているつもりでも人並みにできず、何をしても満たされず、やりたいと思っていた事もすぐ飽き、何の為に生きているのかがわからなくなりました。それが未だに続いていますが・・・



それでも人並みに結婚をしました。

こんな私を受け入れてくれた妻には感謝しています。(本当に心から感謝できるようになったのは最近の事ですが・・・)

思えば今まで人の道を外さずに歩いてこれたのは妻のおかげです。生まれた初めて無償の愛を感じました。その反面普通に生きようとするのがとても苦しい時がありますが、今はそう思わないように努力しています。

最近は感謝の気持ちを言葉や行動に表すのですが、今までの私の所業から信じてもらえません。でもそれに負けずこれからは今まで以上に思いやっていこうと考えていたところです。(まだ決心はしてません・・・)

こう思えるという事は心の調子が良いのでしょうか。



さぁ、今週末は言い争い0で乗り切れるでしょうか・・・


もう少し成長しなければダメかな。






 ← よろしくお願いします

 ↓ ↓ 拍手とってもうれしいです♪   

心がせまい

先週末タイヤ交換をしました。
天気の週間予報には雪だるまのマークも現れだしました。
冬は嫌いではないですが、車の運転はしたくないですね。


話は変わりますが、来週食事会に誘われました。
職場での付き合いなので出席するつもりですが、苦痛しか味わえません。

職場ではお酒は飲めないという事にしているのでまず私が車を出します。
飲めない訳では無いのですが、美味しいと思ったことが無いですし、そもそも付き合いでは飲みたいとも思いません。

最近では食も細くなってきたので料理もあまり食べません。
会話をするのもストレスたまります。

そして最後は割り勘・・・


頭では分かっているんです、お酒も料理も摂取量に違いがあるのは。
こういう場合は割り勘だという事も・・・もう大人ですから・・・

この十何年 「何だか悪いなぁ~、お酒も飲んでないしぃ~、送り迎えもしてもらってぇ~」 
と言われたことはありますがどうしても 「会計は少な目でいいよ」 の最後の一言が出てきません。

これが続くとだんだん 「俺は利用されてるのか?」 と思うようになり心の狭い自分に嫌気がさし、また自己嫌悪の嵐の中に・・・


でも最近これはさすがに・・・という事がありました。
会社の同僚と言ってもまだ半年の付き合いの人に 「ラーメンでも食べに行こうや」 と誘われ、私もラーメンぐらいならと承諾をしました。(会計別だし)

彼は張り切っていたので彼主導で事が進むのかなと思いきや、さあ行こうという時にもじもじしてたのでつい「車だしますか?」と切り出してしまいした・・・
ラーメン屋ではラーメンの他に餃子やチャーハン、もちろん生ビールを頼みました(私は少食なのでラーメンのみ)
結局食べきれなくて私に食べろ食べろと強制的に勧めてきました。

何だか計画性の無い人だなぁと思っていたらなんと最後は先頭切ってレジに行き
「割り勘で」 って、


「・・・・・・・・・・・・・・・フッ」

それはあり得ないでしょう。
怒りを通り越して可笑しくなっちゃいました。
更に可笑しいのは多分彼には悪気が無いという事です。

世の中にはいろんな人がいるんですねぇ。

結局気の弱い私は何も言えずに割り勘で支払いました・・・


そういえば今朝はハクチョウの声が聞こえてきました。
とても癒されます。



 ← よろしくお願いします

 ↓ ↓ 拍手とってもうれしいです♪   

冬の準備

こんにちは。
 
 
峠では雪が積もり、遠くの山の頂が白くなりました。
 
朝晩はストーブなしでは過ごせません。
 
近くの街では最低気温が氷点下を記録したそうです。
 
寒くなればなるほど体を動かすのが億劫になり、体は脂肪を蓄えようとします。
 
 
と言うことで昨日、神社コースを歩いてきました。
 
最近ではもう仕事が終わるころには外も真っ暗で、空気も肌を刺すような冷たさです。

帰宅して厚着をし帽子と手袋を装着している間に汗をかき始めますが、いざ歩き始めると丁度良いくらいです。

神社につくころにはじんわりと汗もかき始め、手前の急な上り坂で息も切れます。

神社で手を合わせた後、振り返り空を見あげると星がとってもきれいでしばらく見とれてしまいました。

境内で見る満天の星空は何だかとても良い感じです。周囲が明るくないのがいいのかな。
 
体が冷える前にと神社を後にして帰る途中、いつも気になっていたお菓子屋さんに思わず入ってしまいました。
 
そこはとても小さなお店で、たぶん当初は和菓子屋さんでそのお店を継いだ二代目が洋菓子とパンを始めたような田舎ではよくあるお店です。(私の勝手な想像ですが)

お店の前を通るたびに気になっていたのですが、いつもお金はお賽銭の分しか持たないので普通に通り過ぎていました。

でもなぜか昨日は偶然財布をもっていて、しかも足が勝手にお店の中に入っていました・・・(確信犯?)
 
やっぱり冬が近づくと体が自然に脂肪を蓄えようとするんですかねぇ・・・・・
自然には逆らえません・・・・・

今日も星がとても綺麗でした。


今週もあと1日で開放されますが、今のところ何事もなくすごせています。
それでもあと1日がとてつもなく長く感じます。

あと1日・・・



 ← よろしくお願いします

 ↓ ↓ 拍手とってもうれしいです♪   

冬を近くに感じます

こんばんは。
三連休ももう終わってしまいます。
とても気持が重いですね。

昨日、雪虫がたくさん飛んでいました。
昔から雪虫を見てから10日位までの間に雪が降ると言われてます(私の周りでは・・・)
今まで大体その通りになったような気がします。

もう冬ですね。

今日は家の外の水道を止めてホースを片付けたり、床下換気口を閉めたりと冬を迎える段取りをしてから、冬用の服を持ち赴任先に来ました。
冬が嫌いな訳では無いですが、なんだか寂しさが増しますね。

今週は仕事の日が1日少ないですが気分的にはいつもと変わらないです。
何事もなく過ぎ去りますように・・・



 ← よろしくお願いします

 ↓ ↓ 拍手とってもうれしいです♪   

わかってはいるけど・・・

こんにちは。

また長い長い1週間が始まりました。
先週末はおかげさまで穏やかにすごせました。

いつも 『穏やか』 を求めているのに、いざそうなると失うことへの不安で穏やかで無くなります。少しでも 『幸せ』 を感じると、その瞬間とても怖くなります。

私はどんなことに対しても、まず最悪の事を考え物事を進めます。
良く言えば慎重なのかもしれませんが、ただ悲観的なだけです。

明らかに結果が解っているようなことでも、最後の最後まで信用しません。

例えば極端な話、目的地まで1本道でそれが目前に見えていて予定時間もかなり余裕があったとしても安心はできません。
もしかしたら場所が違うかもしれない、時間を間違っているかもしれない、何かトラブルがあって辿り着けないかもしれない、など無意識に考えます。

上手くいくと思えば思うだけ、失敗した時の侘しさは大きくなります。
期待すればするだけ、外れた時のショックから立ち直るのに時間がかかります。
あと一歩で成功だと思っても、その一歩で何があるかわかりません。
今までの人生うまくいかない事の方が多いので、私の人生経験で学んだ生き方です。

どうせ生きているなら、前向きにポジティブに生きるのが素晴らしいとは思いますが、やはり心がついてきません。
頭と心のギャップがこの生き辛さを後押ししているのだと思います。

多分一生このギャップが無くなる事は無いでしょう。


でも、この度は久しぶりに穏やかでした。


この1週間何事もなく過ごせますように・・・



 ← よろしくお願いします

 ↓ ↓ 拍手とってもうれしいです♪   

三回忌

街路樹も秋の色に変わり、落ち葉が歩道を覆い隠そうとしています。


今日は三回忌です。

亡くなってから二年後の命日です。

実は今まで三回忌は三年目だと思っていました。40年以上生きてきて知りませんでした。(お恥ずかしい・・・)



もうあれから2年が経ちました。



朝、仕事に行く時いつも玄関の風除室まで妻と一緒に出てきて見送ってくれました。

私の車が出発し視界から消える前に、サッときびすを返し家の中に入ります。まるで自分の役目は終わったかの様に・・・
それを見ていつも私たちは笑っていました。

その後、彼は何時ものように私を見送り、後から家に入ってきた妻にご飯をねだり、食後は妻が仕事に行くまでの間、朝日のあたるソファーに埋もれ幸せを満喫していました。

妻が仕事に行くときは一緒に外に出て、誰かが帰ってくるまで別荘ですごします。



2年前のあの日もいつもと変わらず私を見送り、そして妻を見送りました。何も変わらない日常でした。

まさかそれが最期になるとは・・・・

その日の仕事も終わりに近づいた頃、あまり仕事中に電話をかけてこない妻から着信があり、電話に出ると今まで聞いたことの無い妻の泣き叫ぶ声で彼の死を知りました。



彼は7歳で星になりました。

Mix(雑種)の雄で体重20kg超の中型犬です。

5歳頃にてんかんを発症し月1ぐらいのペースで発作を起こしていました。

獣医からはてんかんの症状には個体差があるが、発作の時の心臓の負担が大きいので寿命は長くないかもしれないし、発作時に倒れ打ち所が悪く亡くなる子もいる、と聞いていました。

実際の彼の死因は心臓発作でした。

妻が帰ってきた時にはもうすでに息が無く、すぐ病院に連れて行ったけれどもうダメでした。

仕事帰りに買い物をしなければ間に合ったかもしれない、と今でも自分を責めています。

まだ、体は温かかったそうです。



彼は誰にも看取られず独りで逝ってしましました。



私が家に着いた時もまだ彼のからだは温かく、まるで生きているようでした。

感情の乏しい私の中から、今まで感じたことの無い強く悲しい気持ちが私を包み、今もその悲しみの中にいます。



人間関係の築けない私は彼に依存していたので、その私の気持ちが重すぎて彼への負担になっていたのだと考えています。

実際に私が長期出張から帰ってくる前日に、発作が起きるという事が2回ほどありました。

あのやさしい心で私の思いを一生懸命に受け止めようとしていたのだと思います。

悔やんでも悔やみきれません。



あれから2年が経ちますが私たちはまだ立ち直れていません。

頭ではもう星になって私たちを見守っててね、と思っていても逢いたくてどうしようもなるときがあります。

最近では夢にもでてきてくれません。



もう一度 逢いたい

もう一度 触りたい

もう一度 抱きしめたい

もう一度 散歩に行きたい

もう一度 一緒に公園に行きたい

もう一度 顔が痛くなるまで舐められたい

もう一度 足の豆の匂いを嗅ぎたい

もう一度 一緒に寝たい

もう一度 起こされたい

もう一度 アイスをおねだりして欲しい

もう一度 雪で遊びたい

もう一度 ソファーを奪い合いたい

もう一度 叱って欲しい

もう一度 笑って欲しい

もう一度 



今日はは大好きだったけど病気になってから食べれなかったかぼちゃやサツマイモ、そしてアイスクリームなどを用意しました。

思わずでてきてくれないかなぁ・・・・



「今度会うまでに君の負担にならないようにもう少し成長するから、だから、必ずその時が来たら必ず迎えに来てね。そして同じ星になって永遠に一緒になりたいな。君が嫌でなければね。」






 ← よろしくお願いします

 ↓ ↓ 拍手とってもうれしいです♪   

ある事件について・・・

申し訳ありません。

今回はとても嫌悪感たっぷりの聞き苦しい話です。
不適切な言葉がたくさん出てきますので、危険を感じた場合は読むのをやめてください。

-------------------------------------------------------------------------


北海道の南幌町で女子高生が祖母と母親を殺害した事件で、この女子高生が幼少の頃虐待にあっていたと報道された。

最近この手の事件が多くなった気がする。

子供にとって唯一安全な場所で自分を守ってくれるはずの家族によって、彼女の心は殺され続けてきたのだろう。

安全な場所を失い逃げ場のない子供は、その家庭で生きて行くために自我を捨て、怯えながら息をひそめて必死に自分の存在を隠そうとする。

そんな生活が十数年続けば誰だってまともじゃいられなくなるだろう。
「嫌なら家を出て行けばいいだろう。もう高校生なんだから。」
と思う人もいるかも知れないが、小さなころから暴力によって支配され続けた人間は、そんな簡単な事もできなくなるのだ。

男である私でも、同じように幼少より精神的・肉体的暴力に支配された結果、家を出ようと考えたことは一度も無かった。

逆らう事が出来ないのだ。頭の中では何度も何度も殺してはいたが・・・



私も一度高校生の時、あることをきっかけに母親の再婚相手を殺しかけた。

そのときの事は頭がキレた状態だったのであまり覚えていないが、殺してやると叫びながら家を飛び出したらしい。

結局途中で母親が泣きながら必死に私にしがみつき体を張って止めた。それが無ければ私もあの女子高生と同じことをしていただろう。

ただ、私の標的は殺人経験ありの前科者なので逆に私が殺られていたかもしれません・・・



女子高生の彼女はもう限界だったのでしょう。このまま続けば自分が殺されていたかもしれないし、自ら死を選んでいたかもしれません。

彼女の行ったことは犯罪かも知れませんが、彼女をここまで追い詰めた家族や周囲の人間の方がよっぽど罪は重いと思う。

自ら死を選んでもこの毒親たちはこのまま悲劇の主人公で周りから同情をされながら臨時収入も入り、心の痛み一つ無く生活するかも知れない。

人を殺す事なんかよりも更に酷い事を十数年にわたり我が娘にしてきたのだから、殺されて気の毒だとは決して思わない。

殺らなければ殺られていたのだったら、これは正当防衛だと考えてもおかしくはない。法律では認められないだろうが・・・



彼女には姉がいるが姉も被害者だったのだろうか、それとも加害者だったのだろうか。



これまでの彼女の事は、似たような道を歩いてきた私には何となくは理解できるが、これからはどうなるのだろう・・・

彼女の心は解放されたのだろうか・・・

それとももう失くした心は見つからないのだろうか・・・

いずれにしてもアダルトチルドレンとして生きにくい世の中を歩いて行くのは間違いない。

やはり自死を選ぶのが最善なのか・・・



私の方は、その回数はかなり減りましたが、今でもあいつを頭の中で殺しています。たぶんまだ生きているはず・・・



辛いな同腹よ・・・

私はあなたの味方です。



 ← よろしくお願いします

 ↓ ↓ 拍手とってもうれしいです♪   

歩いてきました

こんばんは。

10月になり一気に気温も下がり、さっき少しだけストーブをつけました。
秋になっても食欲はあまり無いのですが、なぜかベルトが1段階ゆるんでしまいました。

前職の時よりも食べる量も体重も減ったのに、下っ腹だけがでてきました。
今は肉体労働ではなく一日中椅子に座っているせいなのか、単身赴任でバランスの悪い食生活で栄養失調気味なのかは分かりませんが、何か対策をしなければと仕事終わりに歩いてきました。どうせ今日だけですが・・・

1時間ほど歩こうと思い、まず行けるとこまで30分歩いたら戻ってこようと決めました。ちょうど折り返し地点に神社があり、真っ暗で少し怖かったですが神社だから悪いものはいないだろうと自分に言い聞かせ参拝してきました。

誰もいない夜の神社も悪くないです。

ただ、今日の空には星も月も無かったのが残念です。

次は天気のいい時に行ってみようと思います。




今日は木曜日。明日の夜が待ち遠しいのに明日になって欲しくない夜です。


明日は穏やかな一日になりますように。






 ← よろしくお願いします

 ↓ ↓ 拍手とってもうれしいです♪   

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。